So-net無料ブログ作成





いつか女体山にリベンジしたい [散歩]

山へ行ってきました。高尾山か筑波山かで迷い、近いということで、筑波山へ行くことになりました。
筑波山は西側に位置する男体山(標高871m)と東側に位置する女体山(標高877m)からなる(ウィキペディアより)そうです。前回(5年前)男体山に行ったので、今回は女体山へ。

前回筑波山へ来たとき、嫌な思い出があったので、高尾山に行きたかったのですが、こだわっても仕方ないだろうと思い筑波山になりました。

1125a.jpg
着いてすぐの入り口です。このあと階段が沢山ありまして・・・


1125c.jpg
ようやくケーブルカー乗り場へ。ここへ着くまでに、画像を撮る余裕が無いほどバテました。


1125e.jpg
ケーブルカーから。最近、高いところの乗り物の中から、窓の外を見るのが、非常に苦手になりました。バテたうえにドキドキでした。


1125i.jpg
ケーブルカーを降りて展望台へ出たのですが、画像を撮る余裕の無いままです。曇りでもやがかかっていたので、景色も良く見えなくて。かろうじて撮った1枚です。

1125f.jpg
とりあえず、お昼を食べようと、食事処で『つくばうどん』を頼みました。
けんちんうどんとあまり変らないなと思いつつ食べると、麺が斑で、なんだろう?と思ったら、霞ケ浦の根菜の粉が練りこんであるとのこと。証拠画像がないのですが、食べるのに夢中でした。


1125g.jpg
食べ終わって、歩いて山頂を目指すことに。
こんな看板があるのに、ロープウエイ乗り場など見つからず、登ることに。
それにしても、女体山です。艶かしいです・・・なんて余裕なフリもすぐに砕けます。
道が荒れていて、岩だらけのごつごつした傾斜のキツい山道に、食後すぐの体がついていきませんでした。
古傷が痛んできました。

1125h.jpg
あのお社の屋根があるところが女体山山頂なのですが、のぶきゅうの「帰りのこと(体力)も考えろ」の一言で山頂到達を断念して、ケーブルカー乗り場へ戻ることになりました。
あと20mのところで、休憩して引き返すことになりました。好判断でした。

引き返す途中、これから女体山に挑むご夫人とすれ違いましたが
「男体山は荒々しいイメージがあるけど、こちらは女体山だから、道もやんわりしているわよ」
なんておっしゃってるので、それは違う!と声を大にして言いたかったのですが、黙っていました。
喋る余裕もあまりありませんでしたが。

前回、男体山に登ったときは、ほとんど徒歩がなくて、こんなキツい思いはしませんでした。
ロープウエイと、少しの歩きで頂上に行けた覚えがあります。
今回もロープウエイで行けばよかったのでしょう。なんだか残念です。
乗り場もわからなかったので、仕方ありませんが。

下山途中の神社で、おみくじをひいて(吉でした)、とある祈願をして、山を離れました。

もう、筑波山へいくことは無いのではないかと思うほどキツかったです。
今日撮影した、他の画像はまた別の機会に。
しばらくは、また家でおとなしくする生活に戻ると思います。

しかし、いつの日か再び女体山に挑みたい気持ちもあります。16.10.06

また長々となりましたが、お付き合いくださりありがとうございます。それでは、また♪
nice!(48) 
共通テーマ:blog

nice! 48